はっきり言って、最近ではもう慣れてしまいました。自分が女扱いされないことについて慣れてしまう、なんとも思わなくなってしまうというのは、はっきり言って女としては(それも、わざわざ出会い系サイトを利用して出会いを求めている女としては)非常につらいことなのですが、けれども私の場合は、男性からなかなか好きになってもらえるチャンスがないということに慣れないと、よけいに傷ついてしまうのです。

素敵な出会いのチャンスがそう簡単に訪れるものではないということを自分でしっかりと理解しないと、例えば出会い系サイトを利用して、そこで知り合った男性と楽しくメールのやり取りをしますよね、楽しくメールのやり取りをしただけで、ひょっとしたら彼となら素敵な関係を築けるのではないかというふうに期待してしまうと、結局はうまくいかなかったときに自分が傷つくことになってしまいます。

出会い系サイトを利用しても、なかなか素敵な出会いのチャンスをゲットできない人というのは確かにいて、しかもそういう残念な人は男女ともにいるわけですが、素敵な出会いのチャンスがゲットできなかったときに、いちいち傷ついている時間は無いわけです。私の場合は特に、女として外見的に魅力がないということは自覚していますので、男性の気をひくのがほかの女性よりむつかしいことを十分に覚悟して、例えば一人の男性との関係がうまくいかなかった時、すぐに気持ちを切り替えて新しい出会いを目指すという覚悟が必要になってくるのです。

出会い系サイトを利用して出会いを求めることのメリットといえば、やっぱり一番は、手軽に出会いのチャンスが手に入るということです。たとえ一人の男性との関係がうまくいかなかったとしても、出会い系サイトを利用すれば、次のチャンスも割と簡単に手に入ります。

そのチャンスを自分でものにできるかどうかというのはまったく別の問題なのですが、とにかく数を打ってチャンスを確保していくしか方法は無いと思っています。メールのやり取りをしていてうまくいっていた男性でも、実際に会って話すとがっかりされてしまうという展開にも、今ではすっかり慣れました。むしろ、いろいろな男性と話をすることで、世の中にはどういう男性がいるのか、どういうふうに接すれば男性に喜ばれるのか、自分と同じように出会いを求めている男性の気をひくにはどうすればいいのかということを確かめるチャンスが増えれば、それは確実に自分にとっていい勉強になるというふうに考えられるようになりました(厳選関連記事→せふれ)。

私にとって、例え出会い系サイトを利用しても、そのサイトが間違いなく優良なサイトであったとしても、よい出会いのチャンスがゲットできるかどうかというのは分からないのです。そういう不安は誰にとってもあるものだと思いますが、私の場合は特に現実が厳しく思われ、他の女性よりもさらに、自分が望むような素敵な出会いのチャンスをゲットすることが難しいと感じています。

それでも、いつかはきっと素敵な男性との出会いがあると信じて、出会い系サイトを利用してどれだけつらい経験をしたとしても、そういう経験がすべて自分のためになると信じて頑張っています。